検索
  • 及川接骨院

マスクな日々

東京も梅雨本番に入り、日によって気圧や湿度、気温の差が激しく、体調管理が難しくなってきましたね。


さて、緊急事態宣言も解除となり、徐々に「これまでの日常」を取り戻しつつ、「これからの新しい日常」を模索しているのだなと感じる今日この頃。

Afterコロナ、Withコロナの「New normal」な生活に欠かせない存在になったのがマスク。


不織布のマスクは使い捨て前提なので、あまりエコじゃないな、、、

そんなことを思っていた矢先、患者様からマスクの差し入れを戴きました! 本当に「有り難い」お心遣い(涙)



①手作りの布マスク 裁縫・縫製の技術が趣味のレベルを超えたプロ並みの方からいただきました。

立体縫製に加え、表と裏で布の素材を変えてあって、とても丁寧な仕上がり!

見た目も素材も衛生的で、清潔な印象を与えてくれます。


②手作りの手ぬぐいリメイクマスク 曾祖父の代から南大井にお住いで、アパレルメーカーにお勤めの方からいただきました。

旧水神町(現南大井)で催されるお祭りで使われる手ぬぐいをマスクにリメイク!

手ぬぐいの柄を生かしたデザインで、とても洒落ています。


③GUNZEから発売されたマスク

超有名線維製品メーカーにお勤めの方からいただきました。 さすが生地が違います。ストレッチ素材(綿・ポリウレタンの混合)で肌触りが抜群! 着け心地の良さは、ユ〇ク〇に負けない(笑)ですよ。


季節やTPO、その日の気分に合わせ、大事に使わせていただいております。

皆様、本当にありがとうございました!

46回の閲覧